世界の現場から~JVCの中の人ブログ~

国際協力NGO「日本国際ボランティアセンター(JVC)」のスタッフ・インターンが綴る、あんなことやこんなこと。

インターンインタビュー企画第3弾!!パレスチナインターン太田百恵さん!

みなさま大変お待たせ致しました!広報インターンの守屋です!
今回はいよいよ2019年度パレスチナインターンのインタビューをご紹介します!
まずは、現在パレスチナ渡航し、現地で学んでいる太田さんからです!
 
普段は愛されキャラとして、いつも空気を和ませてくれる太田さんですが、
JVCに関わるまでに一体どんな物語があるのでしょうか・・・?
 

f:id:ngo_jvc:20190815104800j:plain

タイにてホワイトタイガーと!

簡単な自己紹介をお願いします!!

 はじめまして、パレスチナ事業インターンの太田百恵(おおたももえ)です。あだ名は「もいもい」です。好きなことは、映画鑑賞(マーベルシリーズ大好きです)や音楽を聴くこと、チョコレートを食べることです。行ったことのある国は、カンボジア、タイ、インドネシア、フィリピン、台湾、シンガポールと、東南アジアばかりです(笑)

 

勉強していることについて

 現在は大学3年生で、グローバルヘルスを中心に学んでいます。私は大学に入る前まで「グローバルヘルス」という言葉自体知りませんでした。どういうものかというと、人の健康の決定要因には、病気だけでなく貧困や喫煙・飲酒、ライフスタイル等、沢山のことが関わっているということです。病気を治療することは医療従事者にしかできませんが、私の学部では海外において健康にアプローチすることを学んでいます。たとえば、健康教育や公衆衛生がそれにあたります。

 

f:id:ngo_jvc:20190815105541j:plain

企画主催した「呪術×国際協力」イベントの講師にインタビューしているところ

 

 グローバルヘルスを学ぼうと思ったきっかけは、ゼミの先生が世界中で健康問題のニーズに応えながら活動し、様々な人と協力してプロジェクトを行っている姿にあこがれを感じたからです。私は大学の授業以外にも日本の若者にHIV/AIDSの予防啓発活動を行うHAATASというボランティア団体や、全国から学生が集まりグローバルヘルスに関連する勉強会や合宿を行うjaih-sという学生団体にも所属していました。こうした経験を通して、病気を治療することよりも予防を重視して学びたいという気持ちが強くなりました。

 

f:id:ngo_jvc:20190815105734j:plain

渋谷ハチ公前でHIV/AIDSの啓発しているところ

  

国際協力に興味をもったきっかけは?

 国際協力に興味を抱いた理由は、高校時代の経験が一番大きいです。私の出身高校では珍しい授業が沢山あり、インドネシア語を履修できたり、留学生が数多く来るなど、外国との交流が盛んでした。

 その中でも印象に残ったのは、授業のなかで「世界がもし100人の村だったら?」のワークショップを行ったことでした。このゲームのなかで、生徒を裕福な人と貧乏な人に分けて収入をお菓子で表すというようなことをやりました。私は貧困地域に住む人の役で、もらえたお菓子は裕福な人と比べてほんの少し。理不尽だなぁと感じたのを今でも覚えています。

 その日の夜、私の夕飯はクリームシチューでした。クリームシチューをお代わりして食べていた時に、ふとワークショップの出来事を思い出しました。私は恵まれている一方で世界には貧困で苦しんでいる人がいる。世界は不公平ではないかと思いました。この出来事がきっかけで国際協力に関わりたいと意識するようになりました。その後の高校生活でも、元青年海外協力隊の先生方と一緒にインドネシアで提携校先の学生と環境問題についてディスカッションを行ったり、卒業研究ではフィリピンに行きフィールドワークを行ったりと、外国に行くことの楽しさと課題を発見し改善策を立てていくことの魅力を感じました。
 


JVCインターンに応募した理由は?

 大学3年になり、将来、具体的にどのような道で国際協力に携わっていくのかを考えるようになりました。NGOは、その選択肢の一つです。そのためインターンをすることで、NGOでの働き方を体験したいと思いました。JVCインターンに応募したのは、パレスチナ事業でのプロジェクトが母子栄養改善や地域保健の向上といったグローバルヘルスに関係していたことがきっかけです。そして説明会に来た時に、雰囲気の良さとインターンであってもやりたいことをやれる環境があることに魅力的に感じたため応募しました。

 

 パレスチナインターンとしてJVCで実際に活動してみてどう!?

 インターンとしての業務はニュースチェックやパレスチナ刺繍商品の販売促進や商品管理、書き損じはがきの集計、あとはその都度事務作業を行っています。最初の2か月は環境や事務作業になれることで精一杯でしたが、最近はインターンとしてやりたかったイベント企画も並行してやれています。担当のスタッフをはじめ、専属ボランティアの方も一緒にチームとして雰囲気の良い中でやりたいことを考えていけるので毎回濃い時間を過ごしています。

 

国際協力に関心があり、これから関わりたいと思っている人に一言!

 時間の流れがすごく早く、ぼーっとしていてはすぐにインターンの期間が終わってしまう危機感を少し感じています。指示待ちにならないように、自分から動いてチャンスや得られるものを200%つかみ取っていきたいと思います!

 また、夏にはパレスチナに1か月渡航します。実際に見て体験したことを通して、パレスチナと日本の距離を近づけられるような発信も視野に入れて活動していきたいと思います。

 

 

いかがでしたでしょうか?

次回は、もう一人のパレスチナインターン大下みのりさんの登場です!

パレスチナインターンの2人はパレスチナへの渡航経験から旅に役立つ情報から文化た食べ物などパレスチナについて随時情報発信していくそうです!

今後、このブログでご紹介できる日が来ると思いますので、中東に関心のある方、こうご期待!!

 

特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター(JVC)
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net